0%

Profile

profile-KATIE SE7EN
Logo-KATIE SE7EN
Katie is a well-known Japanese artist who mixes various shades of House and Techno to create an emotional world full of yin and yang of life.

Her spiritedpresence in the DJ booth is captivating and brings the floor together as one.
She has released music from several Japanese and oversea labels.

“Deeper Woods,” Katie’s single in 2019 that combines Deep House feel with Afro House percussions, was well received as a unique new sound by DJs from around the globe.
Notably, Sasha, DOSEM, and SUDO support the song.
It was the best selling single from Totem Traxx on Beatport for that year.

Katie plays in Tokyo’s best venues and events.
Berlin’s renowned Dirt Crew Recordings’s 10th Anniversary tour, Dubfire’s SCI+TEC at WOMB, Karizma’s album release tour, and Bump_ at WOMB are some of the examples.
She has also opened or supported for: Ken Ishii, Studio Apartment, Dosem, Fernanda Martins, Layton Giordani, Kate Simko, Lee K, and Mark Knight.
Her mixes have aired on many global radio stations, and she has had the pleasure of playing in Ibiza beach parties.

Katie has always been active in many forms of expression.
Off the DJ booth, she is producing events in Tokyo and writing for online magazines.
Photos Katie modeled for had been displayed in the prestigious Museum Of Modern Art, N.Y. In the renowned Shibuya FM, she had a Sunday radio show.

Katie aims high in her artistic vision.
With her new project, WEYEKIN, an experimental live session of AfroHouse and live percussion, she made a splash in the Tokyo scene and plans to build a more significant event.
With #WEWAconnect, her newest project, she focuses on building a community to share music, one song at a time, with a positive message to the world.

TechnoやHouseを独自の感性でミックスし、ストーリーを紡いでゆくアーティスト。
色々な国、色々な世界で経験を吸収してきた彼女がブースに立つ時、陰と陽の織りなす繊細で生命力溢れる世界へとオーディエンスは魅了されてゆく。

彼女はDJとしてプレイするだけでなく、国内外のレーベルから楽曲を発表し続け、アーティストとしても国際的に認められつつある。

2019年に発表したオリジナル楽曲 ”Deeper Woods”は、Deep House とAfro Houseの要素を兼ね備えたユニークな曲としてDJ達がこぞってプレイし、Sasha、 DOSEM、SUDOといった著名なDJたちからも支持を得た。

日本を代表するクラブでプレイするほか、イビサ島でのプレイ経験もある彼女の選曲は多くのDJやオーガナイザーに支持されており、ベルリンの老舗レーベルDirt Crew Recordingsの10周年パーティ、SCI+TEC(Dubfire)、Karizmaのアルバムリリースツアー、Lee Kジャパンツアー、Ken IshiiとDosemのダブルヘッダー、Fernanda MartinsとLayton Giordaniのダブルヘッダー、Kate Simko日本公演、Berlin x Tokyo 25周年パーティ、Bump_1周年パーティなどに参加している。

彼女がDJ仲間と代官山エリアの人気店Debrisで主催するDeeep!は、平日の小箱ながら入場制限がかかるほどの盛り上がりを見せ、来日中の有名アーティストも遊びに来る名物パーティとなっている。

ライブパーカッションとDJプレイの掛け合わせを試みるエクスペリメンタル・ライブ、”WEYEKIN”や、音楽で人と人を国境を越えて繋いでいくプロジェクト ”WEWAconnect” など、革新的な活動も続けている。

自曲のPVのディレクションや、アートを絡めたイベントのプロデュースも手掛けるほか、アートモデルとしても活動し、その写真が世界最高峰の美術館であるニューヨークのMuseum Of Modern Artに飾られるなど、アーティストとして様々な活動を展開する。

ウェブマガジン Suppage PRESS で連載エッセイ「クォンタム・グルーヴ」を執筆する他、サンフランシスコのミュージックマガジン Electrofanに寄稿している。